Blog

―木だわり日記―

完成見学会報告

工務部の谷です。

盆前のバタバタを言い訳にブログが全然更新できていませんでした。。

報告できていなかった完成見学会を2つ。

まずひとつは7月1日と2日に行われました。

“受け継ぐ、ぬくもりの家” 古民家再生見学会。

DSC_0021

蒸し暑い中、たくさんのご来場ありがとうございました。

薪ストーブが活躍する冬にどれだけ快適に過ごして頂けるのか。楽しみと少しの不安と。

また追って報告出来ればと思います。

 

さて次に8月11日に1日のみ開催しました

“50年目のリフォーム” 古民家再生見学会。

IMG_7398

こちらは現地での築年数は50年。現地でのというのも、移築された建物でした。

建物自体はおよそ60~70年。いつもの建物と比べると新しく感じてしまいます。

工事範囲はLDKと水回り。普段生活する場所を快適に!と。

こちらも冬を暖かく過ごせるようにと、蓄熱暖房機を採用しました。

暖房も色々な物があります。

色んな条件の下、お客様に合った暖房機を選んでもらえるのが一番と思っています。

なんて、こんな暑い中、暖房の話はあまりしたくないですね。。

 

まだまだ暑いです。皆さん体調に気をつけて頑張りましょう!!

 

2017年08月19日 |  カテゴリー: 家づくりのこと.

屋根改修

皆様こんにちは! 工務部の永田です。

いつの間にか梅雨も明け、夏本番を迎え熱い日が続いております。

そんな中、川西市にて現在「屋根の改修工事」をお手伝いさせて頂いております。

今から10数年前に、建築資材に使われていたアスベストに規制がかかりました。

その当時に製造された資材に、稀に早期劣化等の症状が出る報告が寄せられております。P1160897こちらがその症状を発した屋根材です。

表面材がポロポロとめくれ始め、地面に破片が落ちていた事で異変に気づきました。

通常は、現在の屋根材を全てめくり、一から新しい屋根材を葺き直すのが一般的でしたが、

最近では「カバー工法」と言う技術が進歩し、現在の屋根材の上から新しい

屋根材を葺いていきます。

 

P1160899

こちらが施工途中の写真です。

新しい屋根材は、ガルバリウム鋼板製の屋根材でカラーベスト等と比べ、

塗り替えが少なく劣化に対して、非常に強い材料です。

P1160950

葺き替え完了です!

アスベスト規制がかかる前でも、こういった症状は珍しくありません。

ご自宅の地面に、変な欠片や、見覚えの無いものが落ちている時は、

屋根からの「異変」のメッセージです。

おかしいなと感じたら、お気軽にお問合せ下さい!

 

2017年08月07日 |  カテゴリー: 家づくりのこと.

野間のお祭り 続報

さて、いよいよ今週末は野間の大ケヤキ横でお祭り開催です。

B4omote

準備も着々と、着々と、、、え~と、みんなでがんばっています。

こちらは昨日の写真。

100_5919

午後1:30ごろから夕方まで準備や確認などしておりました。

 

お天気も良かったので、外は日差しが痛いほどでしたが、

能勢という土地柄もあるのか、古民家の中は意外に涼しく、

時折風も吹いて、わりと過ごしやすかったです。

 

週末は曇りの予報ですが、お天気が良くても、屋根の下は比較的涼しいので、

ぜひみなさまお越しくださいませ。社員一同お待ちしております!

 

2017年07月12日 |  カテゴリー: 家づくりのこと.

Events

こんにちわ、企画部の達哉 坂井です。

 

6月中より、隔週にて見学会を行って参りました。

お蔭様でたくさんの方にご来場いただき、盛り上がりのあるイベントになったかと思います。

DSC_0007

DSC_0019

 

そして、ついに情報解禁のイベントがこちら。
「懐かしさの杜-発見-」

現在再生中の古民家・懐かしさの杜にてイベント開催致します。

 

どんなイベントかと申しますと、

「あの古民家ってどうするの?」
「中ってどうなってんの?」
「なにができるの?」

に少しでもお答えできればと、再生真っ只中の現場を直接見て頂けます。
そして、せっかくイベントをするならばと、色々な方々が協力・出店してくださります!

 

詳しくは、こちらhttp://natsumori.jp/2017event/ を御覧ください。

 

そして、今回は少し変わった広告も出させていただいております。

見つけた方は教えてくださいね。

 

チラシは今週のサンケイリビングの中を探してみてください。
B4omote

 

 

2017年07月05日 |  カテゴリー: 日々のこと.

完成見学会のお知らせ

工務部の谷です。

ずいぶん更新が遅れました。すいません。

そして告知です。

古民家の完成見学会が7/1.2とあります。

完全予約制となります、以下からお申込み下さい。http://kinosumai.jp/kengaku/1508/

 

2017年06月19日 |  カテゴリー: 家づくりのこと.

アート研修

皆様こんにちは。 工務部の永田です。

昨日、箕面にあるJiku Art Creation さんにて、アート研修でお世話になりました。

こちらのJIKUさんは、主にガラスアートを用い、季節・時間ごとに織りなす

光の空間を生み出す方々です。

今後、坂井建築事務所でも空間や暮らしに色を添える強い味方として、

協力し合えればと考えており、まずは社員一同が実際に製作をし、

その魅力と可能性を体験してきました!

S_6163126432054

様々な色のガラスを使い、ハンマーで割ったり、落ちている欠片を拾い集めて

思うがまま・気の向くままに、唯一無二の造形に仕立てて行きます。

造り方も、ちょっとしたコツは必要ですが、私のような超初心者でも出来る様に、

親切に教えて下さいました。

実際の造り方を書きたい!言いたい!伝えたい!

しかし、一番は実際に自らの手で触れて、その魅力を感じる事だと思いました。

日常ではなかなか触れる事が少ないアートをもっと身近に手軽に感じてもらえる様に、

ワークショップも行っておられます。

手で触れ、その可能性を知る事で、不思議と今までとは全く違う見え方がしました。

皆様も是非、日常の中にほんの少し「癒し」と「豊かさ」を取り入れてみて下さいね!

 

Jiku Art Creationさんのホームページはこちらです↓

http://jikuartcreation.jp/

2017年05月31日 |  カテゴリー: 日々のこと.

野間でお祭りします

写真 2017-04-23 11 04 50

急に暑くなって参りましたね。日差しが痛いです。

 

すでにお越しいただいたり、手伝っていただいたりしているお施主様もいらっしゃいますが、

野間の大ケヤキの横にある再生中の古民家「懐かしさの杜」で、お祭りをいたします。

 

題しまして、「懐かしさの杜  -発見-」

 

7月の15、16日の2日間、再生中の古民家の見学や、里山にちなんだワークショップなどなど、

お子様連れで楽しんでいただけることも計画中ですので、

ぜひぜひ、今から予定をあけておいてくださいませ。

2017年05月20日 | 

「今後のイベント予定」

皆様こんにちは。

最近、職人さんに「電話を掛けるときは下の名前(達哉)までしっかり言ってよ」と言われました企画部の 達哉 坂井 です。

そりゃそうですよね。

 

今回は、㋇までに決まっているイベントの予定をここでご案内いたします。

【5月中】

本日、勉強会(1日目)です。

内容は、①家づくりの流れ ②木の家に住むということ ③豊かな暮らしとプランニング

です。

前回の様子はこんな感じです。

DSC_0003

 

そして

【6月中】

6月10日は勉強会(2日目)があります。

内容は、①家の性能について ②建築の流れ ③坂井らしさについて

の3点、です。

 

そして6月17日18日※予定

は宝塚市にて マンションリフォーム の完成見学会があります。

解体中の写真がこちら。

KIMG0005-2

どのように仕上がるか、楽しみにしていてください。

 

そしてそして

【7月中】

1日2日※予定

能勢町にて、 古民家再生 の完成見学会があります。

現在、工事中の写真がこちらDSC_0191

 

これは、リビングから上を見た様子です。

梁をとおして窓から光が。 完成が楽しみです。

 

7月8日

この日は勉強会(3日目) 暮らしの見学会 です。

これまで坂井建築事務所で家づくりさせて頂いたお施主様の家を

お施主様と一緒にご案内させて頂きます。

 

以前の暮らし見学会の様子です。

DSC_0107

お施主様には色々と、気さくにお話して頂いております。

 

 

さらに7月中~下旬のどこかで

能勢町野間、大ケヤキのすぐとなり 懐かしさの杜 にてイベントを計画しております。

内容、日付、もうすぐ確定致します。

決まり次第、HPにてご案内させていただきますね。

 

最後に

【8月中】

5日6日※予定

伊丹市にて 戸建住宅のリノベーション・完成見学会 があります。

もう少し日が近づきましたら、HPにて詳しくご案内させて頂きます。

 

今、予定しているイベント等はこのような感じです。

興味があるイベントありましたら、是非ご参加ください。

 

順次、HPにてご案内を致します。

お申込みお待ちしております!

 

2017年05月13日 |  カテゴリー: 日々のこと.

門・塀の改修工事

工務設計部の谷です。

先日完成した古民家の門、塀の工事について。

年月が経ちかなり痛みがひどくなっていた門と塀。

P1120506

 

柱などまだ使える物は再使用し、傷んだ瓦や野地のやり替えをしました。

P1130230

 

全体的にキレイになりました。その中でも新たに生まれ変わったのが鬼瓦!

門の2か所、塀の1か所、七福神の鬼瓦がありました。

上の写真で見えているのは「福禄寿」さん。(と思います)

P1120742

 

コケなど長年の汚れが。。

P1120787

 

洗浄して瓦用の塗料で再塗装。ピカピカになりました。

P1120740

 

塀には「恵比寿」さん。いいお顔なんですが、汚れが。。

P1120788

 

これでまたこのお家にたくさんの福を呼んでくれると思います。

2017年04月19日 | 

平成の大修繕

皆様こんにちは! 工務部の永田です。

現在、宝塚にある「八王子神社」さんにて、外壁改修工事のお手伝いをさせて頂いております。 P1140857

今回は工事の内容もさることながら、この神社の事を少し紹介させて頂こうかと思います。

この八王子神社の歴史は元弘年間(1331~1334)に遡り、長きに渡り村の鎮守として親しまれておりました。

しかし、平成7年の阪神淡路大震災で本殿・拝殿が全倒壊。

被害は神社だけでは無く、周囲の住宅等も約9割が全半壊すると言う危機に直面しました。

そんな中、まだ震災の爪痕が残る中、地元協力により平成14年6月に拝殿が完成。

本殿も見事に修復されました。

そんな八王子神社には、明治初期に有志により地車(だんじり)曳行が行われるようになり、

五穀豊穣を祝う行事として、先祖代々大切に受継がれてきました。

そして今年、約145年の歴史から幾多の苦難や戦争を乗り越えた地車が、

めでたく大修繕を迎えました。

20170404180639_01

今回は、特別にその姿を見せて頂きましたので、皆様にも紹介させて頂きます。

P1140849

大規模に修繕された地車には、新たに造られた部分や、

長きに渡り受継いだ彫刻が修繕され再度飾り付けられました。

新しい地車は祝い事だけに使うのでは無く、誘拐などの悲惨な事件が頻発する現在、

地域の子供達と、それを見守る大人達との貴重な接点となり、また引っ越しをされて来た人達との

新たな交流の場を生み出し、地域活性の為の様々な取り組みや改革運営などが行われおります。

10月21.22(土日)には、その新しく光輝いた地車が地域を走り巡りますので是非、応援に来てください!

 

2017年04月04日 |  カテゴリー: 日々のこと.