Blog

―木だわり日記―

屋根改修

皆様こんにちは! 工務部の永田です。

いつの間にか梅雨も明け、夏本番を迎え熱い日が続いております。

そんな中、川西市にて現在「屋根の改修工事」をお手伝いさせて頂いております。

今から10数年前に、建築資材に使われていたアスベストに規制がかかりました。

その当時に製造された資材に、稀に早期劣化等の症状が出る報告が寄せられております。P1160897こちらがその症状を発した屋根材です。

表面材がポロポロとめくれ始め、地面に破片が落ちていた事で異変に気づきました。

通常は、現在の屋根材を全てめくり、一から新しい屋根材を葺き直すのが一般的でしたが、

最近では「カバー工法」と言う技術が進歩し、現在の屋根材の上から新しい

屋根材を葺いていきます。

 

P1160899

こちらが施工途中の写真です。

新しい屋根材は、ガルバリウム鋼板製の屋根材でカラーベスト等と比べ、

塗り替えが少なく劣化に対して、非常に強い材料です。

P1160950

葺き替え完了です!

アスベスト規制がかかる前でも、こういった症状は珍しくありません。

ご自宅の地面に、変な欠片や、見覚えの無いものが落ちている時は、

屋根からの「異変」のメッセージです。

おかしいなと感じたら、お気軽にお問合せ下さい!

 

2017年08月07日 |  カテゴリー: 家づくりのこと.